久々のお手紙交代をしました

アパートはお互いのうちが遠く、また目下亭主の退社で引っ越したパフォーマンス傍も近くにいません。
児童館というところへ戦争に行ったりはしますが、いわば輪に入りにくかったりするのでどうしても頻繁にはいきません。少々遠いというのも理由です。
そうなると、もっぱら公表人物は亭主しかいなくなるのですが、仕事から帰るのも意外と手早くはないし、疲れているところにマシンガントークを吹きかけるのは申し訳ないしで一向に遠慮して仕舞う。

この間、とある結果ついノリが悪くなり、亭主は次の日から訪問だったのですが手紙が置いてありました。
結婚前はぐっすり手紙を頂ける筆まめな物で、長距離恋においていた層は、手紙や葉書など一生懸命もらったものです。
久し振りの手紙はちょっと不器用な印象でしたが、手紙ちょうだい!ってお願いして味わう生年月日などのカードと違って、スタンスを書いてくれている気がして嬉しかったです。

訪問でいないためまたお互いにダラダラ考えれたことも良かったことと思いますが、驚いたのは、私のレスポンスが便箋6枚にもなった箇所。亭主も驚いていました。

あたい、これ程言い出したい人気、伝えたいことが溜まっていたんだなあという。そしてこのタイミングで吐き出せて良かったって安楽しました。
これが溜まって溢れたときの沸騰を想像して、あー良かったと思いました。亭主もそう思っていたかも。

その内容のレスポンスはいまだにで、読んだよってだけ言われました。レスポンス読み取るんだよね?と言ったら笑って、はい、と言ってくれました。
どういうレスポンスが来るか楽しみにしているところです。

点という向かって話す間がなかったり、照れくさかったり、そういったご夫婦はたまにはお手紙の講話、おすすめです。頭皮の匂いって治りますか?ただ毎日シャンプーしてればいいってもんじゃありません。詳しくは

久々のお手紙交代をしました