小児の本心が変わった歯医者での検診

徐々に4歳になる長女は2~3年齢なかばあたりまで、歯磨きを嫌がっていました。
泣いて暴れてといった見かけはなかったんですが、
レジャーを遮られたりするのが我慢できない見かけでした。
ですから際を見て歯ブラシを渡して磨くように狙いを遣いました。
最初はこちらの際を見計らってさえいればごまかして出来たのですが、近々知力もつき始めて拒否するようになりました。
「○○してるから後でね。」「○○見てるから出来ない。」といったあれこれと理由をつけては自分で口を塞いで拒絶!!
僕が歯ブラシを渡す時は依然として流暢ですが、
旦那が歯ブラシを渡そうとするとここぞといったばかり言い分けとして避けていました。

きちんとその時代にお友達の間でも歯医者での歯科検診に通って、フッ素を塗布して行う過ごしが出て私も長女を連れて歯医者をめぐってみました。
至極病院を嫌がる乳児ではなかったのですが、
さすがに歯医者は嫌がるだろうと心配して行ったのですが、
思いのほかご機嫌に検診としていました。
夫人の歯科清掃士の方に名前で呼んでもらって、
自分で医療椅子に座って私の来る終止符はありませんでした。
のち3か月にはじめて検診に通うようにして再度数回済ませました。痛くなってから通うのではなく定期的に通って慣れていれば、実際治療しないといけない時にも懸念も持たずにいただけるかな?当初伸展で医療も楽かな?という願望もあって通っています。
それに定期的に通っている事で本人の目的も変わり、歯磨きのしきたりを治すチャンスにもなって親としても良い機会だなと感じています。
「過日、歯医者行った家どんな風に口開けたの?」
「医者はどうしたらいいって言ってた?」
といった子どもをのせたり逆に伺うてみて意志を出させています。
悩みにも見受ける歯磨きタイムを楽しめる同様、なるべくストレスのない同様心がけています。
最近では歯医者のキッズスペースや検診末(医療末)に受け取れる買えるおもちゃの武器も大きいようです。クリアハーブミストの使用感が分かるサイト

小児の本心が変わった歯医者での検診