赤ん坊の歯磨きは困難!

お口を開けると歯茎だけだった赤ん坊も平均して半年ごろから歯が生え始めます。
ほとんどのキッズは下の前歯から生え取り掛かり、次は上の前歯、そして奥歯へというより生えていきます。
そうなると気になるのがハミガキです。いつから始めたらいいのか、どのようにハミガキしたよいのか、マミー方も心をなやませる業者だ。
赤ん坊は必ず、口の周り、無論口の中に何かを突っ込まれることを本能的に嫌がります(アダルトもそうですよね)。ですので、最初に限るなのは口の中に歯ブラシを与えるのに慣れさせることです。
とはいえ、正にやってみると児童とは思えない物言いによってきます。
かく言う我が家のキッズも変遷2誌ずつが生えそろえたとおり、児童目的歯ブラシを買ってきて磨こうというしましたが
それはそれはすさまじい物言いをしました。
ボクが磨く真似をして「こうやるんだよ」って見せてみても、見ている時はおもしろいのか笑っていますが、はなはだ自分の口に歯ブラシを入れられみたいになるといった首をブンブン、お口は真一文字で取りつく島がありませんでした。
なので、こちらからハミガキをするのではなく、自分で歯ブラシを持たせてそれを加えて遊ぶ結果「なんちゃってハミガキ」から始めました。そうするとぴたり歯固めのように歯ブラシをガシガシ噛んでハミガキものの感じになりました。ですが、それ以上の拡張はなく、歯ブラシがただのオモチャになってしまいした。
歯科クリーン士ちゃんの解説を聞く機会があり、相談してみたところ、ハミガキは体や頭髪を洗う感じで児童が嫌がっても断然やるべき!との回答が。
その日から物件では寝る前の児童とのハミガキの反抗が始まりました。最初はやっぱり体をよじっての物言いがありましたが、現在は「歯を磨くよ」というとしぶしぶですが磨かせてくれるようになりました。
その歯科クリーン士ちゃんから指導された皆さんは、
・児童の心をマミーの股にいれて、マミーの太ももを児童の肩の上にのせ心を従来
→心を従来することで余計な業者を磨かないので児童も痛くない
・口を開かせるときは唇の斜め上記から決め手を入れる
→上唇のまん中には歯茎に分かる筋があるのでまん中を引っ張るって児童が痛がる
・最初は3秒ぐらいから、だんだん長くしていく
→小さなサクセスを結び付けるといった児童もわかってくる
そういった3つです。
赤ん坊のハミガキに踏みとどまる人、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。肌荒れ、乾燥、ニキビ、スキンケアでお悩みではありませんか?

赤ん坊の歯磨きは困難!